標準 大きく さらに大きく
ホーム > 技術情報 > Store-and-Forward方式

<Switching HUBについて >

Store-and-Forward方式

Store-and-Forward方式の特徴はレイテンシを犠牲にする代わりに、フレームのエラーチェックを行い、正常なフレームのみを送信しエラーフレームは全てフィルタリングする。 
図6のようにスイッチングハブはフレームを全て取り込み、エラーチェックを行い、正常フレームならば即座にディスティネーションアドレスに指定された機器が接続されたポートへフレームを送信し、エラーがあった場合はフィルタリングする。 
しかし、フレームを全て取り込みエラーチェックを行うためパケットサイズ64Byteのレイテンシは一般的に約100マイクロ秒になる。

図6 Store-and-Forward方式  図6 Store-and-Forward方式

まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

▲ページの先頭にもどる

 
ページ上部ヘ戻る