標準 大きく さらに大きく
ホーム > 技術情報 > PPPoEパケットのキャプチャ結果

< PPPoE(PPP over Ethernet) >

PPPoEパケットのキャプチャ結果

PPPoEの動作を確認するために、図10の環境を構築し、実際のPPPoEパケットをキャプチャして、各Session開始から終了までを確認する。 

図10 接続図 図10 接続図

PADIパケットのキャプチャ結果 (Broadband Router → PPPoEアクセスサーバ)

図11 PADIのパケットキャプチャ結果 図11 PADIのパケットキャプチャ結果

「PPPoEアクセスサーバ」の存在を確認するために(「PPPoEアクセスサーバ」のMACアドレスを知るため」、Broadband Routerからネットワーク全体に対してブロードキャストする。

  • Session IDは、PADIパケットであるため0x0000となる。
  • Host-Uniqは、他のPPPoEホストと識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。
  • Service-NameはLengthが0bytesであるため、設定されていない。

PADOパケットのキャプチャ結果(Broadband Router ← PPPoEアクセスサーバ)

図12 PADOのパケットキャプチャ結果 図12 PADOのパケットキャプチャ結果

「PPPoEアクセスサーバ」のMAC AddressをBroadband Routerに対して通知する。

  • 「PPPoEアクセスサーバ」のMAC AddressをSource Addressに設定する。
  • Session IDは、PADOパケットであるため0x0000となる。
  • AC-Nameは「PPPoEアクセスサーバ」のホスト名「flets」が設定される。
  • Service-NameはLengthが0bytesであるため、設定されていない。
  • AC-Cookieは、PPPoEホストのセッションを識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。
  • Host-Uniqは、他のPPPoEホストと識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。

PADRパケットのキャプチャ結果 (Broadband Router → PPPoEアクセスサーバ)

図13 PADRのパケットキャプチャ結果  図13 PADRのパケットキャプチャ結果

Broadband Routerから「PPPoEアクセスサーバ」に対して、PPPoEのセッションIDを要求する。

  • Session IDは、PADRパケットであるため0x0000となる。
  • Host-Uniqは、他のPPPoEホストと識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。
  • Service-NameはLengthが0bytesであるため、設定されていない。
  • AC-Cookieは、PPPoEホストのセッションを識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。

PADSパケットのキャプチャ結果 (Broadband Router ← PPPoEアクセスサーバ)

図14 PADSのパケットキャプチャ結果  図14 PADSのパケットキャプチャ結果

「PPPoEアクセスサーバ」からBroadband Routerに対して、セッションID(ユニークな値)を通知する。

  • Session IDを0x0001に設定する。
  • Service-NameはLengthが0bytesであるため、設定されていない。
  • Host-Uniqは、他のPPPoEホストと識別するために、ユニークなバイナリデータが設定される。

LCPネゴシエーションパケットのキャプチャ結果
(Broadband Router ⇔ PPPoEアクセスサーバ)

図15 LCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果  図15 LCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果

  • Broadband Router、PPPoEアクセスサーバ間で、LCPネゴシエーションを行う。右図はLCP Configure-Request。

PAPネゴシエーションパケットのキャプチャ結果
(Broadband Router ⇔ PPPoEアクセスサーバ)

図16 PAPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果  図16 PAPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果

  • Broadband Router、PPPoEアクセスサーバ間で、PAP認証を行う。右図はPAP認証のパケット。

IPCPネゴシエーションパケットのキャプチャ結果
(Broadband Router ⇔ PPPoEアクセスサーバ)

図17 IPCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果 図17 IPCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果

  • Broadband Router、PPPoEアクセスサーバ間で、IPCPネゴシエーションを行う。右図はIPCP Configure-Request。

PADTパケットのキャプチャ結果
(Broadband Router ⇔ PPPoEアクセスサーバ)

図18 IPCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果 図18 IPCPネゴシエーションのパケットキャプチャ結果

PPPoEアクセスサーバ」からBroadband Routerに対して、セッション(ID=1)を終了するためにPADTを通知する。

  • Session IDを0x0001に設定する。

まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

▲ページの先頭にもどる

 

 
ページ上部ヘ戻る