標準 大きく さらに大きく
ホーム > 技術情報 > Fragment-Free方式

<Switching HUBについて >

Fragment-Free方式

Fragment-Free方式 の特徴は、Runtパケット(コリジョンによって生成される63Byte以下のパケット)をフィルタリング出来る。 
図5のように、スイッチングハブはフレームを受け取り、PRE, SFDを除いたフレームの最初の64Byteを解析しLength Checkを行い、正常フレームならば即座にディスティネーションアドレスに指定された機器が接続されたポートへフレームをフォワーディングし、エラーがあった場合はフィルタリングする。それによるスイッチングハブを通り送られるフレームのレイテンシは一般的に約30マイクロ秒となる。 
しかし、PRE, SFDを除いたフレームの最初の64Byteしか解析していないため64Byte以上のCRCエラー、フレーム・アライメント・エラー、ロング・パケットはフォワーディングしてしまう。

 

図6 Store-and-Forward方式 図6 Store-and-Forward方式

まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

▲ページの先頭にもどる

 
ページ上部ヘ戻る