標準 大きく さらに大きく
ホーム > 技術情報 > Cut -Through方式

<Switching HUBについて >

Cut -Through方式

Cut -Through方式の大きな特徴は、出力ポートに接続されたLANセグメントの使用状況があまり高くない場合、フレームを受け取ると同時に、ディスティネーション・アドレスに指定された機器が接続されたポートへフレームをフォワーディングする。 
図4のように、スイッチングハブはフレームを受け取ると同時に、フレームのディスティネーション・アドレス・フィールドを解析し、即座にその宛先が存在するポートにフレームをフォワーディングさせる。従って、スイッチングハブを通り送られるフレームのレイテンシ(フレームが入力ポートから出力ポートにフォワーディングされるまでの遅延時間)は一般的に約20マイクロ秒と非常に小さい。 

しかし、フレームのディスティネーション・アドレス・フィールドしか解析していないため、エラーパケット(CRCエラー、フレーム・アライメント・エラー、ロング/ショート・パケット(ディスティネーション・アドレス・フィールドが正常なパケット))はフォワーディングしてしまう。

 

図4 Cut-Through方式  図4 Cut-Through方式

 

まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

▲ページの先頭にもどる

 
ページ上部ヘ戻る