標準 大きく さらに大きく
ホーム > 技術情報 > FLPbit構成

< Auto-Negotiationについて >

FLPbit構成

FLPは、16bitのDataを使用し、”Selector Field”,”Technology Ability Field”と接続が失敗した場合 の情報や同期をとるためのビットから構成される(図4)。

図4 FLP Bit 構成
図4 FLP Bit 構成

Selector Fieldは、LAN規格 IEEE802の各方式を識別する為に使用される。(現在は、Ethernet(IEEE802.3 )とIVD LAN(IEEE802.9)が定義されている。)Technology Ability Fieldは、IEEE802.3の各伝送方式を 識別する為に使用される。また、RFは、故障の通知,Ackは、同期合わせ,NPは、メーカ独自の機能を実現 する為に使用される。(図5を参照)

図5 各Bit 構成

図5 各Bit 構成

 

まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

▲ページの先頭にもどる

 
ページ上部ヘ戻る